ホーム画面に追加してね>>
入 門
女子キャンプ入門*02
ハイスタイル? ロースタイル?

道具を揃える前にスタイルを決めよう

さて、こちらの「女子キャンプ入門」を読み始めて下さっている皆さんも、さっそく道具を買い揃えたくてウズウズしているのではないでしょうか? かく言う私もそうでした。

「キャンプを始めよう!」ってなると、何から買っていけば良いかを知りたくて、本や雑誌を読んでみたり、ネットを調べてみたり……。でもその前に決めておいた方が良いことがあるのです。それは「キャンプのスタイル」です。

《移動手段で決まるスタイル》
 *徒歩キャンプ
 *ツーリングキャンプ
 *オートキャンプ

《テイストで決めるスタイル》
 *おしゃれ、可愛いキャンプ
 *武骨、ミリタリーキャンプ

今回は、その中でも見落としがちな「ハイスタイル」と「ロースタイル」について考えてみたいと思います。テーブルとチェアから始まり、後々その他の小物にも影響を与えていきますので、まず最初の道具を買う前にご一考ください。

ロースタイル・キャンプ

今現在、圧倒的に人気なのがこちらのスタイル。地面に近く、どっかりと腰を落として、焚き火に薪をくべるイメージ。星空の下、仲間と楽しく語り合いながら、ちびちびとお酒のアテをつまんでいく……。ゆったりと流れる時間と空間をプロデュースするのに適したスタイルです。

《メリット》
*焚き火を育てやすく、眺めやすい。
*軽量コンパクトなギアが多く、運搬しやすい。
*視点が低くなり、サイトが広く感じられる。

《デメリット》
*立つのが億劫(これが一番不便!!)
*凝った調理や作業がしづらい(前傾姿勢)

「どっこいしょ」ってなっちゃいます……


ハイスタイル・キャンプ

ひと昔前はみーんなコレでした。幼い頃に連れて行ってもらっていた「ファミリーキャンプ」。腰高のテーブルでお料理をして、皆で「いただきまーす!!」の雰囲気。しかし一周回ってベテランキャンパーさんに多いのもこのスタイル。ロッジテントにフレンチテイストのテーブルウェアは女の子の永遠の憧れです。

《メリット》
*調理や作業などがしやすいのは圧倒的にこちら。
*ファミリーやグループでわいわい♪できる。
*ボードゲームや大皿料理にテーブルを活かせる。
*ビンテージのおしゃれギアはハイスタイルが主流。
*意外とこちらの方が疲れなく、腰も痛くならない。

《デメリット》
*ギアが大型になり運搬が大変。
*ルームテントやタープの圧迫感を感じるかも。



悩んだらロースタイル!

どちらも優劣つけがたい所ですが、本当は損得考えずに好みとフィーリングで決めちゃっても良いかと思います。「好き」って気持ちがいちばん大事。

ただ「どうしても決められない」という方には、なちゅガール編集部として「ロースタイル」をオススメします。理由は単純に「今、主流だから」です。それだけレイアウトやギアのチョイスで参考にできる情報が入りやすいからです。



ひと昔前ならハイスタイルをお勧めしたかも……

ヒミカさんのソロは究極のロースタイルです!


写真提供 : PUPPUくん → インスタグラムはこちら

Author
なちゅガール編集部
アウトドアの楽しさをお伝えしたくて、日々おもしろいことを探しています。皆様からの情報提供もメールでお待ちしています!! また記事につきましては正確を期しておりますが、最新の情報や価格については都度お調べください。