ホーム画面に追加してね>>
外ごはん
キャンプであたたかく?
『みたらし恵方巻』

もうすぐ節分なので……

2月に入りました。如月(きさらぎ)。年間でいちばん格好良い名前の月です(また独断)! そしてまだまだ寒い日が続きますが、立春ももうすぐ。 ……ということはその前日となる節分ももうすぐ。……ということで今回のレシピは「恵方巻き」になります!

恵方巻きというと毎年、中にいろいろな海鮮が入ったぶっ太い恵方巻きを、棒のまま丸ごと食べているのですが、ここはなちゅガール。キャンプで食べる「外ごはん」が前提になります。

冬キャンプの寒い屋外で、外気温に冷え切った恵方巻きを齧るとなると……ぶるるるっ! 前歯にきーんと沁みそうで……。どうにかして「あたたかい恵方巻」を発案できないか? そう思ったのが今回のレシピのきっかけです。

といっても、それほどヘンテコなレシピではありません(いつものなちゅガールと比べると)



みたらし団子の豚肉巻

恵方巻をそのまま焼くか……焼きおにぎりみたいにするか……温めるためにいろいろ思案しているうちに辿りついたのが、Eテレの『沼にハマって聞いてみた』で見たレシピ。高校生の女の子が披露していた「みたらし団子の豚肉巻」でした。

甘辛い「みたらし団子」を塩胡椒した「豚ばら肉」で巻く。これもヘンテコレシピっぽいですが、キャンパーさんのSNSでは時たま見かける定番になりつつある……。スタジオのサバンナ高橋さんも「めっちゃうまいわ!」と絶賛している……。

「パンチの効いた塩胡椒の加減がちょうどいい」らしいです!

ならばそれに海苔を巻いてしまえば「恵方巻」になるのではないかっ!? それ以前に「みたらし団子の豚肉巻」ってどんな味なのか食べてみたいっ! それが今回の実験……じゃなくて調理の本当のきっかけでした。




材料&作り方

*みたらし団子 (食べたい本数)
*豚のばら肉 (1本につき1帯)
*海苔
*スライスチーズ (溶けないタイプ)
*スパイス (塩・胡椒・ほりにし)

みたらし団子を豚ばら肉で巻いて、ホットサンドメーカーに乗せます。豚ばらなので、油は特にひきませんでした。塩、胡椒、お好みによっては「ほりにし」などのアウトドアスパイスを振りかけます。

ホットサンドメーカーを閉じて両面しっかり焼いていきますが、側面に火が通りにくいので、途中で90°回転させます。焼きあがった時点で「みたらし団子の豚肉巻」は完成です。ものすごくお手軽です。

続いて「恵方巻」の体裁をとるために海苔を巻いていきます(主客転倒)。ついでにスライスチーズも巻いてみますが、写真のようにチーズのフィルムを利用して、コンビニのおにぎりのようにすると手も汚れなくて便利です。




完成&試食

海苔を巻いた後にもう一度ホットサンドメーカーで焼こうかとも思ったのですが、チーズのフィルム内で海苔が蒸されて、お餅の磯辺焼きのようなしんな〜り具合が丁度良くなったので完成としました。

それでは試食です。まずは先に完成した「みたらし団子の豚肉巻」から。もぐもぐ……う〜ん、これまで味わったことのない感覚だけど、確かに美味しい……かも? 他の試食メンバーは「美味しい!」と絶賛しているけど、筆者としては……「ほりにし」をもう少し振りかけたいな。

正直なレポートでお届けしている「なちゅガール」の外ごはんレシピです

お次は海苔とチーズで巻いた「恵方巻」です。今回の主役ですが……うん! こっちの方が美味しい! そもそも「甘いおかず」が苦手な筆者は、みたらしの甘さに違和感を拭えなかったのですが、チーズと海苔でおかず感が増したかも! でも「ほりにし」もう少しかけておこう。

結論としては正直どちらとも好みの分かれるお味ですね。甘いのが苦手な方は、チーズと海苔で恵方巻に仕上げた方が良いですが、しなった海苔が少々噛み切りにくいという欠点もあります。最後に分かったことは「ほりにし最強!」 ということですね。


今年の恵方となる方角は「北北西やや北」です! 気になった方は、キャンプでお試しください!









Author
なちゅガール編集部
アウトドアの楽しさをお伝えしたくて、日々おもしろいことを探しています。皆様からの情報提供もメールでお待ちしています!! また記事につきましては正確を期しておりますが、最新の情報や価格については都度お調べください。