ホーム画面に追加してね>>
入 門
軽キャンパー入門*12
『軽キャンパーで車中泊旅!』

「旅」の変化・進化

次なる軽キャンパーの活用法は「車中泊旅」となります! この旅が、電車や飛行機、ツアーで行く旅とはな〜んか違う……同じ旅といえども、旅とも言えず、生活がそのまま移動しているような……。

この感覚はぜひ実際に味わってみて頂きたいのですが……

例えるならば、最近のテレビの旅番組に近いものがあるかもしれません。昔の番組は名所や名物をバーンと大々的に紹介する内容が多かったのですが、最近は交流や触れ合いがテーマのアポなし旅が増えました。

そんな旅の変化が車中泊旅のブームを押し上げているのかも……



シチュエーション別ポイント

「車中泊旅」はアポなしの旅だけに、予定外の事が起こったり、ハプニングがあったりもするものです。ある程度のトラブルは思い出にもなりますが、経験から得られる要領やコツもありますので、シチュエーション別に見ていきましょう。



*宿泊場所
行き先も宿泊所も決めないとしても、だいたいのアタリは付けておきましょう。念のため候補は2つくらい欲しいものです。最近はスマホのアプリや検索で情報がすぐに得られますから、前日の寝る前や当日起きた朝に、寝床でつらつら眺めておくと良いかも。

高速のPA(パーキングエリア)やSA(サービスエリア)、道の駅などは車中泊が大っぴらに推奨されている訳ではありません。突如車を移動させなければならない場合もありますので、アルコールは控えておきましょう。

その点、RVパークやキャンプ場は安心です。また車中泊だからと言って、ホテルに泊まっちゃいけない理由もありません。最近は格安で宿泊できる施設も増えてきてますから、保険として候補に上げておきましょう。お酒も飲めるしね。

車中泊が増えるにつれ、ルールやマナーも問題になってきています。近いうちに特集しますので、ぜひお読みください


*食事
外食でも良いし、地元のスーパーで購入しても良いし、食事も軽キャンパーの旅なら自由度が上がります。同じ「のどぐろ」も料亭で食べるのと、地元の鮮魚店で買うのでは値段も違いますしね。「レトルトご飯」を積みこんで、一点豪華主義のおかずを買うのも可能です。

筆者は夜の漁港で「レトルトご飯だけ用意して、おかずは釣る!」に挑戦したことがありますが……後悔する結果となりました

他にも「道の駅グルメ」「レトロ自販機」「駅弁」「古民家カフェ」など、日本全国を行脚する目的ができるほど奥が深い食の世界。車中泊旅は新たな趣味をもたらしてくれます。



*お風呂
宿泊場所と連動して決めておくのがbetter。温泉はもちろん、スーパー銭湯のような大型施設で「サ活」に目覚めるのも良いし、古びた昭和銭湯もオツなもの。銭湯はシャンプー・石鹸が基本備わってないので、お風呂セットを準備しましょう。



*着替え・洗濯
数泊だけの旅なら袋に着替えを詰め込んで、枕にしちゃうのがオススメです。長旅になるとコインランドリーのお世話になることも。最初は思ったより高くて、思ったより時間がかかって驚きますが、あの独特な空間も旅の思い出に。





*観光・名所巡り
公共交通機関の旅より小回りがきくので、「道の駅スタンプ」「ダムカード」「御朱印帳」などニッチな目的の旅にも有利です。ドラマやアニメのロケ地巡りも軽キャンパーは得意分野。敢えて路地に迷い込むように、旅自体を楽しみましょう。

里山、港町、旧街道……いろんな場所の様々な暮らしに触れられるのが、筆者は何より大好きです。冒頭で取り上げたような旅番組を録画することも多くなりました。ご当地を舞台にした小説を懐中に出掛けることもあります。

「日常」を引き摺りながら、日本各地の「日常」にお邪魔していくような感覚ですね

気をつけたいのはあまり車に縛られないこと。軽キャンパーは駐車場に停めて、徒歩で街を散策したり、地元の鉄道や遊覧船に乗ったりしても良いのです。定番ツアーとの「いいとこ取り」もできるのですから、自由な発想で楽しみましょう。




日常と非日常の狭間で

旅は「非日常」であり、普段では味わえない経験ができるのが魅力です。その分、快適で豪華な贅沢を求めたくなったりもします。しかし車中泊の旅は車に衣食住の「日常」を載せて巡るようなもの。

地元の商店街、地元の銭湯、地元の暮らしを味わいに行くのですから、サービス満点の接待がある訳ではありません。自分で調理したり、自分で洗濯したりする不便さもまた楽しいのです。そういった不便さも含めて車中泊の旅は「DIYの旅」と言っても良いかもしれません。




「軽バン生活」さんのチャンネルは旅の楽しさを伝える動画がいっぱい!









Author
なちゅガール編集部
アウトドアの楽しさをお伝えしたくて、日々おもしろいことを探しています。皆様からの情報提供もメールでお待ちしています!! また記事につきましては正確を期しておりますが、最新の情報や価格については都度お調べください。