ホーム画面に追加してね>>
外ごはん
スパイスに対抗!?
『焼肉スープ』

ブームに便乗!?

前回「ほりにしカレー」の食べ比べをしている時に、昨今の「アウトドアスパイス」の隆盛は本当にすごいな〜、と実感しました。一昔前は「焼肉といえばタレ」だったのに、アウトドアに限らず一般のご家庭でも、焼肉をスパイスで食べるスタイルが浸透しつつあります。

そんなムーブメントを横目で見ていると、「ウチも何かブームを起こしたい!」という気持ちに駆られてしまいます。それが我が「なちゅガール開発部」の良くないところなのですが、何かスパイスに代わる焼肉の食べ方はないものか……いろいろ思索し始めました。

そしてたどり着いたのが、スープです! 「アウトドアスープ」ってあまり聞かないし、焼肉とも相性は良さそう。レトルトや缶詰にして商品化もできそうだし、「スープ」だけでもアウトドアマンにとっては重宝するメニューになるはず!!

……ってことで、今回も邪(よこしま)な野望ギンギンで挑みます!!



レシピのご紹介

スープと言っても、種類はいろいろ、お味もいろいろ。そんな中で編集部が参考にしたのは、編集長「森風美」がプロデュースしているアウトドアスパイス「motteco(もってこ)」です。知らない方も多いかもしれませんが、実はこれ、「味噌味」をベースにしている珍しいスパイスなのです。

珍しい……といってもお肉とお味噌は「味噌漬け」などもありますから、相性良いは◎!! でも「スープ」となると……それはすなわち「お味噌汁」になってしまいますから、どうなるんでしょう? まぁ……でも、前人未到の地に足を踏み入れないと、偉業は達成できません!

とにかく下のような材料でチャレンジすることにしました!

《材料》4人前
*牛肉(食べたい分だけ)
*味噌(大さじ2)
*キムチ(適量)
*野菜(残り物でOK)
*ごま油(少量)
*刻みネギ(適量)

① 先にスープ(お味噌汁)から作り始めます。スーパーの袋詰め野菜でも、残り物の適当な野菜でも、構いませんので食べやすい大きさにカット。モヤシ、ニラなどが入ってると良いですね。

② 適当なコッヘル(鍋)でごま油を熱して、野菜をサッと炒めます。編集部はいつもの「シェラどんぶり」を使用しました。後からキムチも追加して、軽く炒めます。

③ 続いて水を400cc注ぎ、煮立たせます。食べごろになるまで野菜が煮えたら、お味噌を溶かし込むのですが、出汁入りの味噌やインスタントの「生みそ」がキャンプでは便利ですね。出汁の入っていない昔ながらのお味噌の場合は、「出汁の素」でも良いので先に入れておきましょう。

④ 最後に刻みネギを散らしてスープ(お味噌汁)は完成です。基本的には「豚汁」の作り方に近いかもしれません。具沢山になっただけです。

⑤ あとは普通に焼肉をして、スープに絡ませながら食べましょう。戸外ですから、できれば炭火で焼きたいですね。今回も簡単すぎるほどの、お手軽レシピで終わってしまいました。




試食です!

お肉が焼けたら、スープに浸して食べたり、野菜と絡めて口に入れたり……。予想していた通り、味はめちゃくちゃ美味しいです。しかも皆さんにお伝えしたいのは、新食感的な「初体験」感覚が沸き起こってくるという不思議な現象です!

お肉を「タレで食べる」のとも、「お鍋で食べる」のとも、もちろん「スパイスで食べる」のとも違う……

これは「ほりにし」と同じような「焼肉革命」を起こしたのかもしれません!! 「エバラ焼き肉のたれ<黄金の味>」で初めてお肉を食べた時って、子ども心に衝撃が走りましたよね。そして大人になって初めてスパイスで食べた時も感激がありました(てんぷらをお塩で食べた時のような)。

でも美味しいからと言って、ずっと食べ続けていると、だんだんそれが普通になってくるもので……

そこでスープを試してみると……黄金のタレでは「濃厚すぎるな」、スパイスでは「刺激強いな」、と思っていたお肉の味が、まろやかに包み込まれます。意外とあっさりとしていて、お肉本来の美味しさが分かります。お肉の香ばしさや炭火の風味が舌に伝わってくるのです!

これまで食べていた焼肉は、タレの味がメインになっちゃったり、スパイスの刺激がメインになっちゃったりしていたことを実感しました。それがスープになると、ちゃんと「引き立て役」に徹してくれるのです! これ、他のスープでもいけるかもしれません!




しかし反省点も……

でも……よくよく考えてみると、いくらお味噌汁を念頭に作り始めたとは言え、味の系統は韓国の「ユッケジャンスープ」や「カルビスープ」と同じになっちゃったような気がします。オリジナリティーを追求する「なちゅガール」としては、あってはならないことです。

いや、これまでも「調べたら先達がいました」って、結構あった気もしますが!?

ただ、最初から牛肉が入っている韓国スープとは、だいぶ味が違うのも事実。 あちらは最初から牛肉をスープに入れて、煮ちゃってるんじゃないでしょうか? こちらは焼いた時の香ばしさや脂の滴り具合、ミディアムレアの食感などが、ちゃんと味わえます!

真偽のところは「ぜひご自分で作ってお確かめください」ということになってしまいますが、編集部のようにスープをイチから作らなくても、コンビニなどで売っているスープ(上のような)でも代用は十分に可能です。ぜひ、試してみてみてください!!

ビーフコンソメなどの洋風スープとも相性良いでしょうね、きっと……















Author
なちゅガール編集部
アウトドアの楽しさをお伝えしたくて、日々おもしろいことを探しています。皆様からの情報提供もメールでお待ちしています!! また記事につきましては正確を期しておりますが、最新の情報や価格については都度お調べください。