ホーム画面に追加してね>>
入 門
軽キャンパー入門*30
『クーラー欲しい!』

クーラーは2台必要?

今回考えるオプション品は「クーラー」!! すでに軽キャンパーに乗っているオーナーさんの中にも、「クーラー欲しい!」と今回のタイトルを叫びながら夏の旅に出ている人もいらっしゃるのではないでしょうか? (筆者がそう)

走っている間は、運転席のクーラーを点けていられるから良いのですが、止まっている時、宿泊時は要アイドリングストップ! エンジンをかけっぱなしでクーラーをまわすことは。環境を考えても、ご近所迷惑を考えても、NGです!

熱中症になってしまった際はこの限りではないと言われていますが

するとキャビン(後部座席)に、もう一台のクーラーが欲しくなってくるのですが……導入している人は……あまり見ませんねぇ……軽キャンパーでは。大型キャンピングカーなら良いのですが、軽ではまだちょっと現実的ではないのかな?




クーラーの難点

大きなキャンピングカーに取り付けるクーラーとして考えれば、その種類は3つほど。①家庭用クーラー、 ②車載用クーラー(12V電源)、 ③スポット(小型)クーラー。値段も性能もそれぞれですが、良いものは高額になって、大きくなる傾向が……。

暖気を外に排出しなくてはいけない点も、導入のハードルになりますね

軽キャンパーのことを考えてくれているクーラーは、まだまだ少なめです。「ステージ21」さんのように、小型化と室外機の位置(屋根とか車の下とか)を工夫されている会社もありはするのですが、基本的な難点を挙げていきますと……。

*室内で邪魔になる
配管をボディに通す据え置き型クーラーは、冬でも室内に出っ張ってしまいます。ポータブルなスポットクーラーは、性能を求めると大きく、重くなります。車内は寝るだけとか、一人就寝などに割り切るなら、室内が狭くなるのは気にならないかもしれません。

*室外機も邪魔になる
家庭用と同じように、キャンピングカーでも室外機は必要です。車の横につける訳にはいかないので、後ろにつけることが多くなりますが、(ちょっと)邪魔ですね。暖気をパイプで排出するスポットクーラーもありますが、穴をどう処理するかの問題も残ります。

こうやってオシャレにカバーすれば、気にならなくなりますが……

*高い!!
予算は10万円〜20万円は見ておいた方が良いですね。やっぱり高いです。キャンピングカー&車中泊ブームがどんどん盛り上がって、メーカーさんも市場にたくさん参入するようになると、価格競争と薄利多売で安くなるとは思うのですが……。




クーラーなんて無くたって!

それでは恒例の(というかワンパターンの)代替案! クーラーがなくても代用できる方法や品物を探っていきましょう! どうしても「お金に余裕がない人」視線になってしまいがちな「なちゅガール」ですが、ご安心ください。

今回は強い味方がいますっ。ジャーンっ!!

ご存知、なちゅガールズメンバーも多数お世話になっている車中泊専門誌の『カーネル』さん。2022年7月号、編集長の森風美が愛犬「どんちゃん」と表紙を飾らせていただいた、記念すべき号です(ただいま発売中)!!

特集は「夏の改涼計画」となっておりまして、有用な「暑さ対策」が満載!! 車載クーラーのカタログから、車中泊旅の計画の立て方、涼感グッズの紹介などなど……今回の「なちゅガール」なんかより、「カーネル」を読んだ方がずっと良いです。価格1,450円。

……なんて、ふざけた事を言っているとまたまた編集長に怒られそうですね。大手雑誌さんにはとても及びませんが、こちらの「軽キャンパー入門」でも、まじめに暑さ対策をリストアップしてみましょう。

*標高の高いところで泊まる
 (1000m上がると-6℃下がります)
*北へ向かう(特に北海道!!)
 (「まるなな&うめの」さんが待ってます!)
*扇風機、サーキュレーターを駆使
 (空冷服やネッククーラーなども)
*接触冷感繊維の素材
 (冷感シーツやインナーなど)
*体を冷やす
 (アイスノン、冷えピタなど)

特に目新しいところがなくて済みません。どこでも言われているようなTipsですし、ご家庭での「暑さ対策」と大差ないかもしれません。ただ、クーラーを積まずにいくつもの夏を乗り越えてきた実体験から言わせてもらえば……




網戸最強!!

ポップアップで大きな網戸を確保する!! 筆者の私見はコレに尽きます。正直、クーラーの人工的な冷房がちょっと苦手な体質で、自然の風が何よりも心地いいんですね。都会では空気がどんより溜まる熱帯夜も、ちょっと郊外に出れば涼しい風が吹いてます。

高原はもとより、川の近く、湖の近く、海の近く……。せっかくのキャンピングカーですから、涼を求めてちょっとだけ移動してみましょう。北海道や高山まで行かなくても、開けた場所ならだいたい風が入ってきます。

キャンプ場も開けたところが多いですから、良い風がそよいでますよ!



開発部出動!!

最後にダメ押し。機械音痴ながらに素朴な疑問です。車に最初から付いているクーラーって、サブバッテリーからの電源で使えないのでしょうか? 普段はIG電源につながっているのでしょうが、併用できるようになると、車に2台もクーラー要らなくなります。

コンプレッサーも電動に交換すれば実現可能だと思うんです……

EV(電気自動車)ならコンプレッサーも既に電動になってます。バッテリー容量も大きいので、停車時に車のエアコンを一晩付けっ放しにしても、ぜんぜん平気なようです。それならガソリン車にも、電動コンプレッサーのキットを取り付けてみれば……?


できれば、エンジン停止時に自動で「サブバッテリー」や「ポタ電」に切り替わるような仕様にして配線、取り付けして頂けるビルダーさんがいらっしゃれば……どなたか試してみませんか? 需要ありますよ……きっと!!

軽キャンパーの狭さが逆にメリットになって、十分冷えると思うんですよね……



「軽キャンパー入門」では珍しく、ハイエースの「INUTABI」さんの動画です。スポットクーラーの使い心地をご覧ください!









Author
なちゅガール編集部
アウトドアの楽しさをお伝えしたくて、日々おもしろいことを探しています。皆様からの情報提供もメールでお待ちしています!! また記事につきましては正確を期しておりますが、最新の情報や価格については都度お調べください。