ホーム画面に追加してね>>
外ごはん
どんちゃんpresents!!
『冷やしうどんアラカルト』

うどんの「どん」

もう暑くて、暑くて……キャンプでも何か冷たいもの食べた〜い! 冷やし中華に、冷麺に、ひやむぎ、そうめん……次の「外ごはん」は何か冷たい麺を作ろう! ……と思っていた矢先、いつも行くコンビニで新しいトレンド発見!!

「冷やしうどん」のタレ(というのかな?)4種です!! 大きなスーパーではなく、小さなコンビニでこれだけの品揃えがあることにビックリ!! 味の方も見るからに美味しそう。それに「うどん」と言えば編集長の愛犬「どんちゃん」の本名です。

フルネームは「森うどん」です、ワン!!

なぜ「もり蕎麦」の方にしなかったのだろう……という疑問はさておいて、「どんちゃん」にちなんだ今回の「うどん特集」。うどんの麺は塩分を含むので本人(本犬)は、写真の1本しか食べさせて貰えませんでしたが、編集部はガッツり食べ比べしていきますよ!!




流水麺を使って

キャンプでの調理を想定して、今回は「流水麺」を使うことにしました。別に熱湯で茹でる麺でも良いのですが、その後に冷やす氷が大量に必要になってしまいますからね。氷を溶かさないようにキャンプ場まで持っていく手間も省くことにしました。

ザルがあれば、サーッと水に流して、軽く揉みほぐすだけ。火を使わなくて良いのは助かります。冷やすにしても少量の氷でOK。キャンプ場で冷たい湧き水など出ていれば、さらに美味しく仕上がりそうですね。

最近はコンビニの麺類も、びっくりするほど美味しくなりましたよね!!



①釜玉うどん

それでは基本から。つゆはポーション型の容器に入っていて、ぶっかけて食べる形式です。材料の方はパッケージを参考に「きざみネギ」「タマゴ(温泉卵)」「白ごま」「きざみ海苔」などを用意しました。基本です。

お味の方も予想通り。カップラーメンよりも短い調理時間で、普通の「冷やしうどん」が食べられます。味の方もいたって「ふつう」……「基本」です。ただ正直に言えば、筆者にはちょっと甘かったかな?

あくまでも好みによりますが……

お蕎麦などでも普段から「つゆ」の甘みが気になってしまう筆者は、釜揚げうどんも「生醤油」で食すクチです。これは好みの違いで、甘い系の「めんつゆ」「出汁」がお好きな人ならば、これで手軽に満足のいくおうどんが食べられるようになります。




②魚介豚骨まぜ麺

これはもうパッケージだけで、人気のラーメン店の味が予想されます。今回の企画がなくても、確実に手を伸ばしていた購入決定済み商品。ネギはわざわざ「白髪ネギ」状に切りました。タマゴは、パッケージでは煮卵になっていますが、①と同じ「温泉卵」にしました。

こちらもあっと言う間に出来上がり。ただ、汁をかけて温泉卵を乗せた後に「あっ、先に掻き混ぜなきゃ!」と気付きました。そーっと卵をどけて、麺を掻き混ぜて、そーっと戻す。それでもインスタントラーメンより早い出来上がり。

味は予想通り。美味しいです。4つのうちで一番おいしかったかも。「ラーメン」というよりは、「つけ麺」のお店で出てきそうなお味です。チャーシューやメンマなんかを乗せちゃっても確実に美味しくなるでしょう。かんすいアレルギーの人にもオススメです!




③明太子まぜ麺

こちらはもう完全に「明太子パスタ」ですね。追加する材料も推奨されている「大葉」のみ。今度はちゃんと最初に掻き混ぜることを忘れませんでした。最後に「きざみ大葉」をちょこんと乗せて、出来上がり。

お味の方は、う〜ん、明太子パスタとはちょっと違うかな? 温めてないせいか、「冷やし」に違和感を感じるのかも……。刻んだ大葉がシャキッと感を呼び起こしてくれます。大葉、ぜったい必要です!




④赤からまぜ麺

名古屋発祥、辛〜いお鍋でおなじみの全国チェーン「赤から」のまぜ麺です。こちらもパッケージを参考に、「きざみネギ」「温泉卵」「きざみ海苔」を準備。本当は生卵を用意するみたいですが、温泉卵は万能ですね(4個パックを買ったもんで……)。

これも美味しいです。先ほど「一番かも」と言った②の魚介豚骨に負けないくらい。いや、それ以上? 辛いのが苦手なので、付属の「辛みたれ」というのはちょっとだけにしておきましが、お好きな人はたまらないでしょうねぇ。

辛いのが苦手な人でも「辛みたれ」の調節次第で美味しく食べられます!!



正直に言うと……

でも今回……ひとりで2玉強分のおうどんを食べているうちに、ちょっと口の中に人工的な味が残るようになってきました。これも人によるのかもしれませんが、人工調味料的な味がちょ〜っと気になるタチなんです……。

一食だけなら、さほど気にはならなかったとも思うのですが……

色々な味が混ざったせいもあるかもしれません。それにやっぱり流水麺も、古来の茹でて冷やす麺の方が、もちもちっと美味しいような気がしてきました〜(当たり前かもしれませんが)。香川で食べた讃岐うどんが恋しくなってきちゃったりして……。

どーでも良いから、もっとおうどん食べたいワン!!

キャンプのお昼をお手軽に済ませたいなら、今回のレトルトシリーズもオススメです。荷物の制限のあるULキャンブには、熱源も不要で便利です。一方、古来の素材の美味しさを追求したいなら、編集部おすすめの生醤油はコレ! 釜揚げ、ぶっかけで、激ウマです!!














Author
なちゅガール編集部
アウトドアの楽しさをお伝えしたくて、日々おもしろいことを探しています。皆様からの情報提供もメールでお待ちしています!! また記事につきましては正確を期しておりますが、最新の情報や価格については都度お調べください。