ホーム画面に追加してね>>
ギア・アイテム
SECOMじゃなくて
『セキュリティ・コード・リール』

メレブ風に

「なちゅガール」開発部は、久しぶりに新しいアイテムを開発してみたよ。キャンプをしている時、大切なギアを盗まれにくくする防御系のアイテムだよ。味方全体の防御力が1.2倍くらい上昇するという……ものすご〜く便利なアイテムだよ。

「メレブ」を知らない方はコチラをお読みください。『勇者ヨシヒコ』を知ってる人も楽しく読めます

我々はこのアイテムにSECOMじゃなくて「セコリ」という名前を付けたよ。フルネームは「セキュリティー・コード・リール」なんだけど、長すぎるから略して「セコリ」。自分でもイマイチなネーミングだと思ってるよ。だから新しいアイテム名も募集するよ。




セキュリティー・コード・リール

書きにくいんで、普通の口調に戻しましょう。面白くないし

さて、今回開発したのは、キャンプブームとともに少しずつ増えてきたギアの盗難を予防するアイテムです。最近は高額なギアも増えてきました。盗難の被害を訴えるtweetが、タイムラインに流れてくることもあります。

特にGWなど、混雑しているキャンプ場では要注意。たくさんの人に紛れて、あなたのギアを狙う不届者がいないとも限りません。そんな時、こちらのステンレス製のワイヤーで、チェアやテーブル、焚き火台などをひと括りにしてしまいましょう。

冒頭でお断りした通り、これで対策が万全になる訳ではありません。「盗まれにくくする」だけです。ただ「自転車泥棒」などにも言えるそうですが、少しでも対策していると(鍵をかけていると)、盗まれなくなる確率はグっと上がるものです。

少なくとも「防御力1.2倍」以上の効果は期待できるはずです!!



製作過程

それではその製作過程をお伝えしていきましょう!

作れるものなら、開発部で試作してしまえ! ……というのが「なちゅガール」編集部のモットーです(製作不可能なアイテムはイラストで済ますこともありますが)。今回も、ネットを見渡したところ、類似の商品は発売されていないようなので、自ら作っちゃうことにしました!!

① 用意した材料はこちら。「5mのメジャー(巻尺)」「太さ1.5mmのステンレスワイヤー(5m)」「ワイヤーのかしめ(オーバルスリーブ)」「南京錠」……しめて1,000円ちょっとの費用で済みます。

② まずは「メジャー(巻尺)」の分解から。この段階では、中の構造がどうなっているのか分からないので、改造できるかどうかも不明……ドキドキして分解してました。

③ 開けてみるとこんな感じ。外したネジは、紛失しないようにセロハンテープで止めています。このリールから鉄製のメジャーを外して、代わりにステンレスワイヤーを巻く算段です。

④ その前に、元の仕組みを写真に撮っておきましょう。分解した後に戻せなくなってしまうことがないよーに……。

⑤ リールへのワイヤーの留め方が一番の懸念材料だったのですが、写真の通り。リールの軸に四角い穴が空いていたので、その手前に細い穴を開けました。そこからワイヤーを挿し込み、裏で「かしめ(オーバルスリーブ)」を圧着。

⑥ リールにワイヤーを巻いていくと、5m分巻き取って、ちょうど良いくらいのボリュームにおさまりました。

⑦ ワイヤーの先端で輪っかを作って、こちらも「かしめ(オーバルスリーブ)」で圧着します。リールに巻き取られないよう、少し大きめの輪にしておきました。

⑧ 逆の手順で全ての部品を元どおりに組み立て、最後にステッカーを張り替えて完成。南京錠は100円ショップの数字式のものを使いましたが、もっとしっかりした物を用意しても良いでしょう。




実際に使用してみて

編集長の森風美に使用してもらって、その感想をコメントしてもらいました

風美「編集部の手作りなので、あまりアテにはしていなかったのですが、肝心な部分はステンレスのワイヤーなので、思ったより安心感がありました。これでギア同士をつないでしまえば、確かに盗んで持っていくのは難しそうです。」

5mもあるので、テントなどとも余裕でつなげられます!

「ステンレスが編み込まれているワイヤーなので、普通のペンチでは切断するのも苦労しそう。ただ改良案としては、巻き量5mは十分すぎるので、2〜3mに抑えて、その分ワイヤーを太くしても良かったかなぁ……とも思います。」

「武井バーナーやカッシーナのような超高級ギアを括るのはお勧めしません。どこでも普通に購入できて、プレミア価格で転売されないようなギアなら、十分これで対策しようという気にはなれますね。鈴などの触れると音が出るものをつけると、さらに安心かもしれません。」

……ありがとうございました。編集部としましては、人のギアを盗もうなんて輩には、100万ボルトの電流をお見舞いしてやりたいところです。鈴などではなく。どこか技術力のあるメーカーさんに、ぜひ100万ボルトで商品化をお願いしたいところです!!

その時はアイテム名も「セコリズン」にパワーアップするよ!












Author
なちゅガール編集部
アウトドアの楽しさをお伝えしたくて、日々おもしろいことを探しています。皆様からの情報提供もメールでお待ちしています!! また記事につきましては正確を期しておりますが、最新の情報や価格については都度お調べください。