ホーム画面に追加してね>>
入 門
軽キャンパー入門*31
『テレビ・オーディオ・電装品』

悩む電装品!!

軽キャンパーを注文する際に悩むオプション品の数々……。オプション表とにらめっこして心を決めてからも、後から迷いが出てきて「やっぱりコレも取り付けてください!」「アレは取り外してください!」なんて、ビルダーさんに電話しちゃったりしがちです。

今は納車までが1年〜2年となってますから、なおさら悩む時間が長くなって……

特に、車中泊に必須ではない贅沢品の類になってきますと、懐事情も手伝って、悩ましさが増してきます。今回はテレビ、オーディオ、ナビ、バックモニターなどの電装品の数々を検討していきます。

……と、それぞれのアイテムを検討していく前に、一つだけ注意したいことがあります。それは「安いものは壊れやすい」ということです。ネットではめちゃくちゃ安い物も見つかりますが、覚悟して購入した方が良いかもしれません。

ビルダーさんからも実際に言われたのですが、「車は常に振動していて地震が起き続けているようなもの。精密な電子機器は専用のメーカーの、有名ブランドの物を選んだ方が無難」だということです。

実際に筆者の格安モニター(1万円弱)も1年弱で映らなくなりました〜



テレビ

これが今、いちばんの悩みどころかも。10年前なら是が非でも取り付けたくなったアイテムでしたが、今は若者のテレビ離れ、YouTubeやサブスクの充実もあって、世代交代の時期に差し掛かっているようです。

ひと昔前のキャンピングカーには、屋根に丸いテレビアンテナがよく付いてました。地デジを受信するアンテナ線を車内に引き込んで、テレビは電源をサブバッテリーに繋いでと……、配線も面倒だった据え置き型。

やっぱり車内に出っ張って、場所ふさぎにもなりました

ところが今はiPadなどのデバイスで、「Amazon Prime」や「Netflix」、「Hulu」などの映画やアニメが楽しめます。予めお家ででダウンロードしておけば、何本もの作品を、電波がないところでも視聴できます。

また地上波のテレビ番組も「TVer」や「GYAO」、その他各テレビ局のオンデマンド配信で視聴可能。有料なもの、配信のない番組もありますが、よほどのテレビっ子じゃない限り、車にテレビはもう必要ないかもしれません。

そして「どうしても」っていう方には、地デジ放送をスマホやタブレットに転送する機器も発売されています。京セラの「Xit」シリーズ。お家の同軸ケーブルに接続しておけば、出先でアプリに受信できます。録画も可能です。




オーディオ

音楽も以前は、CDやDVDなどを車内で再生したものですが、サブスクの波に取って代わられつつあります。最新の車載プレーヤーは、サブスク対応やスマホ連携の機能を導入しています。再生機能はもう必要なく、BluetoothやAUX端子で入力できれば十分です。

ただしキャンピングカーとなると、後部の居住空間、ダイネットにも音を流したくなるものです。昔はよくサテライトスピーカーが出っ張っていたりもしましたが、室内空間のことを考えると、ぜひとも壁に埋め込んじゃいたいところ。

車種によってはDIYでスピーカーを窓に埋め込んでしまう方法も可能です

お好きな人は配線がんばってDIY。お好みのシステムを組み上げちゃった方が早いかも? そこまで拘りがなければ、イマドキはBluetoothスピーカーで済ませちゃってるバンライファーさんも多いですね。

森風美は空っぽの2DINにスッポリはまるBluetoothスピーカーを見つけました!!



ナビ、バックモニター

ナビもすでに「Google Map」や「NAVI TIME」に頼っているという人が多いのではないでしょうか? 新しく車を購入するとなれば、高額なナビゲーションシステムの導入は、躊躇われちゃったりしますよね?

するとまた、スマホやタブレット一択に……。テレビやオーディオなど、別々の電子機器を別々に購入する費用を考えても、ひとつにまとめちゃえば経費削減。その点「軽バン生活」さんのiPadをダッシュボードに差し込む方式は、賢いな〜……と、目から鱗でした!

iPadの後ろには、小物も収納できる仕組みになっているんですよ〜!!

ところがです! これだけMapアプリが充実してきても、予想に反してカーナビの販売数は落ち込んでいないんだそうです。その理由は先のオーディオやバックモニターを含めて、オールインパッケージの需要が減らないからだそうです。

バックモニターやドライブレコーダーの映像をiPadに表示したり、録画したりする機器も存在しますが、バックモニターはシフトレバーの「R」と連動していないと不便です。その他、ステアリングリモコンや車幅設定など、ナビにはナビのメリットもあります。

すると全てパッケージ化されちゃっているナビが欲しくなるんですね



結論は……?

結局南極、結論としてはどうしたら良いものか……。お金に余裕があって、車内が狭くなるのが気にならない人は、欲しいもの全てをオプション注文しちゃって良いかと思います。カーナビもテレビも含めて、全てのシステムをビルダーさんに組んでもらって……。

でも、筆者の極めて主観的な、そして今のこの過渡期限定の選択肢は、「iPad」にほとんどの機能を集約させてしまう方法です。費用を極力抑えながら、多少の不便は我慢したり、DIYで済ませてしまう方法ですね。具体的には……

「テレビ」も「オーディオ」も「ナビ」もiPadにまかせちゃって、「軽バン生活」さん式にダッシュボードに装着。車内の音響システムに出力できるようにする。後はドライブレコーダーやバックモニターは個別の商品にして、バックミラーに映るようにする……かなぁ?

iPadを勘定に入れなければ総予算3万円以下でも可能かも!!

ただバックモニターだけは、強烈プッシュしておきたいと思います。特に「軽キャブコン」は後方が見えにくい(……というかほとんど見えない!)ので、迷わずオプション注文しちゃった方が吉です。




こちらは「たびぐらしさん」のお二人がアンテナを自作しちゃった動画です。感度良好、さすがです!!









Author
なちゅガール編集部
アウトドアの楽しさをお伝えしたくて、日々おもしろいことを探しています。皆様からの情報提供もメールでお待ちしています!! また記事につきましては正確を期しておりますが、最新の情報や価格については都度お調べください。