ホーム画面に追加してね>>
外あそび
楽しく美味しい!!
『CAMP de OKAKI』

キャンプにすっごく良いです!!

数々の「謎レシピ」を開発してきました「なちゅガール」ですが、本日は自信を持って、キチンと完成された商品をご紹介します。その名も『CAMP de OKAKI(キャンプでおかき)』……なんと自分で、しかもキャンプ場で、お煎餅(おかき)を焼けちゃうパッケージです!

先日、編集長の森風美と一緒にキャンプで試してきたのですが、これが面白くて、お手軽で、美味しい〜んです!! 3拍子揃ったその完成度に、編集部一同「さすが!」の言葉しか出ませんでした。

これはぜひとも読者の皆さんに紹介したい〜!!

製造&販売元は『中央軒煎餅』さん(←こちらのリンクで販売ページに飛べます)。来年で100周年を迎える老舗のお煎餅屋さんなのですが、フードロスやグルテンフリーなど……様々な新しい取り組みにもチャレンジされています。

そして今回の「おかき」のラインナップは「プレーン(煎り)」「オニオン(揚げ)」「ブラックソイビーン(焼き)」の3種類。それに加えてなんと! アニメとコラボの「ゆるキャン△カレー味」まで!! お味は作中に登場するカレーめんをイメージした「カレー味」となっております!




作ってみた!!

それではさっそく、楽しく作っている様子をご覧いただきましょう。『CAMP de OKAKI』には、圏外になりやすいキャンプ場の環境に配慮して、このような調理法の説明書がタグ付けされています。

自分で作るとなると「なんだか面倒臭そう……」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、全然そんなことありません! 簡単で、すぐ出来て、つまみ食いの段階から美味し〜んです!!

*ロースト「プレーン」&「ゆるキャン△カレー味」
最初からヤラかしました! 説明書を見てスキレットを持って来ようと思っていたのですが、うっかり、しっかり忘れました!! 仕方なく「お鍋のフタ」で煎り始めます。同じ角餅なので「ゆるキャン△カレー味」も一緒に入れちゃいます!!

まずはこの楽しさだけで、ヤラれてしまいました〜

これ、油も何も敷かなくて良いので、フタでもカラカラ煎ることができるんですよ。カラカラカラカラ……耳に響く音からもう楽し気! 転がる角餅がだんだん膨らんできて、茶色く染まってくると、可愛い〜、香ばしい〜、良い匂い〜!!

パクッ……途中でつまみ食いすると中身がモチモチ……お餅になってるぅ!! この時点で皆の手が伸びてきましたが、たぶんこれがカラっとしたら出来上がりだな……とは分かっていてもまた、次々パクパク食べたくなっちゃう〜。

*揚げ焼き「オニオン」
続いて「揚げおかき」にするという「オニオン」です。淡路島産の玉葱が使用されているとのことですが、ここでもまた! スキレットを忘れたんですよ〜。仕方なく今度はシェラカップに油を注いで揚げていきます。

これがまた面白〜い!! この日は編集長を筆頭に、お煎餅を焼くのは皆〜んな初心者だったのですが、油に入れるとムクムクと膨らんでいくんですね〜。初めて知りました。ヘビ花火(これも知っている人は少数)みたいで楽しい〜。

と・こ・ろ・が、油が高温になってから投入した分はそれほど膨らまないし、しっかりとした「揚げおかき」の焦げ色に染まっていきます。HPのサンプル写真の通り。あ、こっちが正解だったんだ〜(笑)。

*グリル「ブラックソイビーン」
日本語で言うところの「豆煎餅」の「網焼き」ですね。 豆お煎餅だい好き〜!! これはシンプルに網で焼いていけば良いだけで……炭火でやってみようかとも思ったのですが、ちょうど編集長のパーフェクション・ストーブがあったので、天板で焼いてみました。

これが一番簡単。お手軽。ストーブの熱でもすぐに焦げ色がついてきて、何の苦労もなく焼きあがってしまいました〜。え〜簡単過ぎぃ。つまんな〜い! 本来ならキャンプでお手軽に作れるって、重宝されるべきなんですけどね……。




食べてみた!!

焼きあがった後は説明書通り、袋に入れてシャカシャカ……お塩やお醤油でお好みに味付けすれば出来上がり。どれも所要時間は15分以下ってところかな? この日は人手があったので、3つともいっぺんに焼いてしまいました。

本当にお子さんでも楽しく作れちゃうくらい簡単なんです〜!

お味の方は……パクっ、カリカリ、もぐもぐ……やっぱり焼きたては美味しいですね! 説明しなくてもお分かりになるとは思いますが、ビニール袋に入って売られている「おかき」とはぜんっぜん違います!!

本来のお煎餅の味ってこうなんでしょうね。皆んな初めて焼いた素人ばかりだったので、感動しきり……。ワイワイ焼いていた時とはうってかわって、もぐもぐパクパク、無言であっと言う間に食べきってしまいました。

どんちゃんも味付け前のを少しだけ貰えました〜

そしてまた、アウトドアではこういう自然な美味しさが良いんですよね〜。小腹が空いたからって、ポテチを袋からガサガサ食べるより、なんか環境にマッチしている気がします。本当にキャンプにはオススメ!!




アレンジしてみた!!

そして最後にダメ押し! なちゅガールの愛読者さんならご存知の通り、何かを実験しないと気が済まない編集部です。新たに2つのアレンジに挑戦してみることにしました。「お砂糖揚げ」と「濡れ煎」です。

まず「お砂糖揚げ」の方は、「オニオン」にスティックシュガーをまぶしただけ。ただそれだけでも、編集長が「油とお砂糖が合わない訳がない」と呟いた通り。昔お母さんがパンの耳を揚げてくれた懐かし〜い味になりました。

オニオンが香ばしい分、さらに味わい深くなったかも!

ところが「濡れ煎」の方は上手く行きませんでした。「お醤油」と「みりん」と「お砂糖」を適当に混ぜてタレを作ってみたのですが、これで良いのかどうか……。そしてそのタレに3種の「おかき」を浸けてみたのですが、何かが違うような……。

真空パックで売っている「濡れ煎」のように、タレか、焼き方か、元の生地のせいか……濡れ濡れにならないんです。せっかく焼きたてを食べられるのに、真空パックより絶対美味しく食べられるハズなのに、ラインナップに「濡れ煎」がないなんて!

『中央軒煎餅』さん! ぜひ「濡れ煎」も開発してくださ〜い!!


『中央軒煎餅』ホームページ : https://www.chuoken.co.jp
『CAMP de OKAKI』販売ページ : https://www.chuoken.co.jp/collections/camp-de-okaki
















Author
なちゅガール編集部
アウトドアの楽しさをお伝えしたくて、日々おもしろいことを探しています。皆様からの情報提供もメールでお待ちしています!! また記事につきましては正確を期しておりますが、最新の情報や価格については都度お調べください。