ホーム画面に追加してね>>
スポット
プレスリリース
『和みの里オートキャンプ場』

「冬季営業のご案内」が届きました

編集部はまだ行ったことのないキャンプ場なのですが、都留市(山梨県)にある『和みの里オートキャンプ場』からお便りが届きました。「キャンパーからの高まるリクエストに答えて冬季もオープン」するそうです!

都留市といえば、山梨県の中でも東京寄りですから、アクセスはしやすいですね。都心から約80分、「都留IC」から15分の距離なので、行きやすいし帰りやすい。キャンプから帰ってきた後もお昼寝ができるかも(重要ポイント)!

キャンプの後に入るお布団は「極楽〜」なのです!

筆者の個人的な事情ですが、たいてい日曜日にCheckOutして→ランチを経由して帰宅した後→15:00くらいからお昼寝ができると、月曜に備えられます。ちょっとお昼寝しただけでも、疲れを仕事に持ち越さなくて済みます。逆に帰りの運転が2時間を超えたり、道が渋滞するとキツい〜!

お布団で疲れもふっとんだ! (こればっかり)



しかも温泉入って帰宅可能!!

う〜ん、これもポイント高い!! 「家に帰ってからお風呂に入って寝る」よりも「温泉入ってから帰宅してベッドに直行」の方が楽なんですよね。運転に疲れた後は、間にお風呂を挟むよりも「直行」したいんですよね! ベッドに!! バタン、キュー!!!

「和みの里」の施設内には『芭蕉 月待ちの湯』という天然温泉もあり、露天風呂、サウナ、水風呂などが楽しめます。しかも泉質はph9.91ということですから、とぅるっとぅるでしょう!! キャンプ場利用者は割引料金で利用できるので、「サ道」3セット……「ととのった〜!」をしてから、すっきりした気分で帰路のドライブにつけるのです。

でも家に着く頃には、眠くなってるんですけどね



冬季営業の開始にあたって……

近くにある「道志」のキャンプ場などでもそうですが、ここら辺は冬場は水道が凍結する可能性が大きいんです。「冬は水道使えません!」と断って営業しているキャンプ場もあるぐらい。 その点「和みの里キャンプ場」は対策バッチリ! なんとお湯まで出るのです!!

少しずつ増えては来ていますが、お湯の出るキャンプ場ってまだまだ貴重!

手や顔を洗う時にお湯が出るのはもちろん嬉しいのですが、食器を洗う時には特にありがたいんですよね。洗いものは長いあいだ手を水に浸しますから、手が悴まずに済みますし、油汚れもキュキュッと落とせます。

また全サイトで電源(10A)のオプションがあるので、これが冬キャンプには強い味方!! 「なちゅガール」推奨の「こたつキャンプ」はもちろんのこと、電気毛布や電気カーペットなど、就寝時も安心な「冬キャンプ」にチャレンジできます。事前に「こちらの記事」を参照してみてください。




その他の施設も充実してます!

丸太で仕切られた区画サイトは全12サイト、ウッドチップ(6m×6m)が敷き詰められたフリーサイトは6サイトで車乗り入れOK、ペットもOK。整備が行き届いていると評判です。他にも和風コテージ(隣接の「一位の宿」)もあるので、複数グループでの利用にも向いてますね。

「なちゅガール」的に気になるトイレはご覧の通り。仮設型のようですが、男女別の水洗式です。こちらも清潔に保たれていると評判です。本格的な冬キャンプに挑む前の、練習場所として最適のキャンプ場だと思います!

「トイレの写真で終わって良いのか?」という疑問は残りますが……


和みの里オートキャンプ場 : 山梨県都留市山梨県都留市戸沢874番地1
ホームページ : http://www.tsukimachi-onsen.com/nagominosato






Author
なちゅガール編集部
アウトドアの楽しさをお伝えしたくて、日々おもしろいことを探しています。皆様からの情報提供もメールでお待ちしています!! また記事につきましては正確を期しておりますが、最新の情報や価格については都度お調べください。