ホーム画面に追加してね>>
外ごはん
いろいろ燃やしてみた!
『カートンなんとか』

「ドッグ」だけじゃなく……

今日の外ごはんは「カートンなんとか」……タイトルがイマイチ締まりませんが、「カートンドッグ」ってありますよね? キャンプの朝ごはんの定番。皆さんも幾度かはやってみたことがあると思うのですが、あれってどうして「ドッグ」ばかりなのでしょうか?

また今日も何か食べさせてもらえるのっ!?

いえ、今回「どんちゃん」は関係ありません。「うどん」は前回でした。ドッグはドッグでも「カートンドッグ」で焼くのは「ホットドッグ」です。ホットドッグぐらいが、カートンを燃やして温めるのに、ちょうど良い太さとボリュームなんでしょうね。

英語の「カートン(carton)」という単語は、日本語で言うところの「ボール箱」にあたる……のかな? 「段ボール」が「cardboard」ですから、それよりも薄いものを呼び分けているんでしょうね。コーティングのおかげか、火付きも良く、長く燃えてくれます。

丸めて着火剤として活用する人もいるくらいです!!

「それならホットドッグだけに使うのはもったいない!」……ということで、今回編集部はいろいろな食材を温めてみることにしました。アメリカンドッグ、焼き鳥、チャーハン、バナナ……総称にして『カートンなんとか』になります!!

この日のために空いた牛乳パックを天日干しにして準備しました



カートンドッグ

まずはあらためまして基本から。「カートンドッグ」です。市販のホットドッグにレタスをちょっと挟んで、アルミホイルで2重に包みます。牛乳パックに挿入して着火。やはり普通の紙とは燃え方が違いますね。

風が強い時は火の粉などが飛ばないように注意しましょう

めらめらとゆっくり燃えていって焼き上がり。火傷に注意しながら開封してみると、ほわっ! ちょうど良い感じで温まってくれています。あまり火が通っていなくてそのままの箇所があったり、焦げている箇所があったり……。

さすが定番「カートンドッグ」です。中のウィンナーもしっかり温まっていました!!



カートン"アメリカン"ドッグ

ホットドッグが大丈夫ならアメリカンドッグもいけるだろう……ということで買ってきました。冷凍のものも売っていますが、中まで火が通らないだろうと思ったので却下。お肉屋さんで売っている「揚げたあとの要冷蔵のもの」を選びました。

カートンで燃やすのは、電子レンジでちょっとだけ「チン」するような感覚ですね

こちらは太く、厚みがある分、中央まで火が通らないかもしれないと懸念していたのですが、杞憂でした。ちゃんと中まで温まっています。元々が小ぶりのアメリカンドッグだったのも、良かったのかもしれません。




カートン焼き鳥

食材探しにスーパーに行った際、真っ先に目に飛び込んできたのが、こちらの3本入りの焼き鳥でした。普段は生果野菜のコーナーから回り始めるスーパーを、逆にお惣菜売り場から物色し始めたのです。これはもう、間違いのないチョイスでしょう。

予想通り。普通に美味しく、普通に温かく焼き上がりました。想定外に香ばしさが増していたのは、本物の炎で炙ったおかげでしょう。そしてこれも想定外。写真でも黒く焦げているように見える竹串の取っ手が、持ち上げてみるとボロっと崩れてしまいました。




カートンチャーハン

アメリカンドッグの時は敢えて避けていた冷凍食品ですが、パラパラの「お米つぶ」ならば火が通るかもしれない。そんな淡い期待を寄せて、冷凍コーナーでお馴染みのチャーハンを買ってきました。

この段階になって、カートンを斜めに傾けた方が良い燃え方をすることに気がつきました

う〜ん……、ダメでした。カートンを燃やし終わってホイルを開いても、表面の部分だけが「べちゃ」っと解凍されただけ。中は凍ったままでした。予想されたことですが、カートンの火力では、冷凍食品の加熱は無理だったようです。

※残ったチャーハンは、後ほどスタッフで不味くいただきました。




カートンバナナ

最後はバナナ。焼きバナナにしてみます。焼く前は皮をむいて、シンプルに「motteco 甘いスパイス」をかけるだけ。シナモン風味のシーズニングとなります。後からチョコレートシロップをかける予定です。

焼き上がりはちょうど良い感じ。原型をとどめていながらも、半分くらいは火が通っている感じかな? 食べてみると「んっ?」……なんだか燻されたような香りが。ほんのり少〜しだけですが、スモークのような風味がついていました。美味しさは損なわれていませんでしたが……。

まあ、普通っちゃー普通。特段、感動するような味でもありませんでしたね



普通だけど、楽しい〜

最初の予想通り、大方のものはカートンを燃やして温められますね。冷凍食品は避けた方が良さそうですが、コンビニのお弁当系のものにも良いかも。まぁ、わざわざカートンでやらなくても良いだろうって話もありますが……。

余談ですが今回は「くっつかないホイル」を多用しました〜オススメです!!

でも、キャンプは「特別感」や「非日常性」も楽しさの源泉になりますからね。特に、初心者の方やお子さんと一緒にキャンプをされる場合は、楽しく燃やして、美味しく食べられる手軽な朝食としてオススメです。皆さんも、いろいろな食材で試してみてください!!

けっきょく何も食べさせて貰えなかった〜WAN!
だからといって、ぬいぐるみを食べちゃいけませんよっ!!















Author
なちゅガール編集部
アウトドアの楽しさをお伝えしたくて、日々おもしろいことを探しています。皆様からの情報提供もメールでお待ちしています!! また記事につきましては正確を期しておりますが、最新の情報や価格については都度お調べください。